script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

くやの気ままなブログ

大学3年の男が吹奏楽、ゲーム関連の事を中心に書いてゆく。パワプロ再現選手のパワナンバーを公開しています!

WBC2009の城島健司選手

 

f:id:kuyamaimo:20190306201201j:plain

WBC2009の時の城島健司選手。査定をする際に参考にしたデータは下記の通りです。

 

2008年シーズンの成績

  • 試合 112
  • 打率 .227
  • ホームラン 7本
  • 打点 39
  • 併殺打 12

 

WBC2009の成績

 9試合全てに出場して30打数10安打。打率は.333でホームランを1本放っている。

 

 

当時のパワプロの能力

f:id:kuyamaimo:20190306202321p:plain

パワフルメジャーリーグ2009時の能力

その他

  • 2008年シーズンの2塁への送球の動画
  • 甲斐キャノンとの比較

 

備考

 まず肩力だが、甲斐キャノン(2018年日本シリーズ)と城島選手の2008年シーズンの2塁への送球タイムを比較してみたところ、ほとんど差がなかったので、「パワプロ2018」の甲斐選手と同じ肩力S92、送球Bをつけた。

 ミートはEで良い(高度なダジャレ)と思っていたが、WBC2009では打率.333と好調だったのでミートを大幅修正してCの62にした。

 2007年シーズンはリーグ最高の守備率.998をマーク。2008年シーズンこそ守備率を.988にしたものの、メジャーでもエラーが少ない捕手として活躍していたので守備力をBに、捕球を高めのA81にした。

 2008年シーズンは対左投手の打率が少し低いので「対左投手E」をつけた。併殺も多いので走力をEにして、更に特殊能力「併殺」をつけた。

 本塁打が少ないので「プルヒッター」や「広角打法」、「ホームランバッター」はつけなかった。ただ、WBC2009ではホームランを放ったりとパワーは健在なのでパワーはBの73にした。